ウラヂーミル・ブロニスラーヴォヴィチ・ムラヴィヨーフ(1928-): モスクワの伝説 ロシア史の秘められた旅 Муравьев В. - Московские легенды: По заветной дороге российской истории. М.: Астрель, 2012. 925 с. 5271385285 L4274 税込価格 ¥4,725

 ...ピョートル大帝の同時代人はもはや誰ひとり生存していない。ただ錬金術師ヤーコフ・ブリュース[1669-1735、政治家、軍人、大帝の側近。ロシア最初の天文台を創設。博学多才のため魔術師との風説があった]だけが不死の秘密を知っていた。ソビエト政権がスハレフスカヤ塔を取り壊すまで、彼は塔のなかに生き続けた。塔を追い出されたブリュースは以来モスクワの街路をさまよっているという...

 モスクワの郷土史家ムラヴィヨーフの案内で、読者はクレムリンからムイティシに至るモスクワの街並を旅し、錬金術師ブリュースのみならず、歴史上の人物や、伝説のなかの主人公たちを探ることができる。

 伝説が真実なのか、幾世代を経た作り話なのかは、読者が決めることである...

 通りや広場のほか、トロイツェ=セルギイ修道院への途上で出会う家々の歴史も語られる。事件と人々の万華鏡は、モスクワ建都の昔から今に至る長い歴史を映し出す。